出店者必見!アラバキロックフェス2023店頭出店での売上変動要因を分析してみた

出店者必見!アラバキロックフェス2023店頭出店での売上変動要因を分析してみた

写真

今回のテーマは、リアル店舗での出店における売り上げ変動要因についての分析です。先日、私たちは仙台で開催されたアラバキロックフェスに出店し、実際に出店してみてわかったことを共有したいと思います。

出店者の方や今後出店を考えている方にとって、何か参考になる情報があるかもしれません。

天候の影響

天気と気温は、出店売り上げにとって大きな影響を与えます。アラバキロックフェス2023に出店した私たちも、2日間の天候の変化で売り上げに大きな違いが出ました。天気が良く暑かった1日目は、ホットコーヒーや味噌汁がほとんど売れませんでした。反対に、曇りで気温が下がった2日目は、ホットコーヒーや味噌汁の売り上げが上がりました。

出店するイベントの天候や気温に合わせて、商品や価格設定を考えることが重要です。

商品の差別化

大規模なイベントには多数の出店者が集まります。その中で、自分たちの商品を差別化して、お客さんに気づいてもらうことが重要です。

私たちが出店したアラバキロックフェス2023でも、ホットコーヒーは他の出店者と同様の商品でしたが、一番売れたのはホヤボーヤグッズでした。ホヤボーヤさんが実際に来店してくれた時間があったことが大きな要因でした。

出店費用

出店には、出店料や人件費、交通費、宿泊費、仕入れ原価など、多くの費用がかかります。売り上げが見込めない場合、赤字になってしまいます。出店する前に、費用対効果をしっかりと計算しておくことが大切です。

まとめ

出店者として、商品を販売することが目的ですが、その商品の価格設定や商品展示も売り上げに大きな影響を与えます。

今回、出店した商品はホットコーヒー、プロテイン味噌汁、そしてホヤボーヤグッズでした。プロテイン味噌汁は珍しい商品であり、興味を持ってくださる方も多かったですが、価格が500円とやや高めであったため、売れ行きには影響があったかもしれません。

また、ポップも大きさやデザインに改善の余地があったと感じました。フェス会場は様々な出店者が並ぶため、自社の商品を差別化し、目立たせるためにも、ポップや看板、ディスプレイなどの商品展示にも工夫が必要だと痛感しました。

今回のアラバキロックフェス2023での出店経験を通して、店頭出店での売り上げには様々な要因があることを実感しました。

出店前には、天候や会場の環境、商品展示や価格設定、営業時間など、細かい部分まで考慮する必要があるとわかりました。

最後に

出店に必要なポイントをまとめておきます。出店には多くのコストがかかり、成功するには様々な要素を検討することが必要です。

  • 天候や気温によって需要が変動するため、それに合わせた商品や価格設定をする必要がある。
  • ポップや看板など、自社のブランドイメージを伝えるためのアイテムをしっかり用意し、目立つ場所に出店する。
  • 人が集まりやすい場所に出店することが重要である。
  • 長時間立ち続けることが多いため、快適な作業環境を用意する。
  • 多くの人に商品を知ってもらうことができるよう、SNSやオンラインショップなどを活用する。

以上が、私たちがアラバキロックフェスに出店して得た知見です。出店する業種や地域によっても変動要因は異なるため、その都度分析し、対策を打つことが重要です。

ブログに戻る