techlog

サンリクテック、IT導入補助金に対応!三陸地域のIT・デジタル化を推進します

サンリクテック、IT導入補助金に対応!三陸地域のIT・デジタル化を推進します

## サンリクテックのIT導入補助金対応サービスとは?日本全国の中小企業や小規模事業者がデジタル化を推進する上で重要な役割を担っているのが、IT導入補助金です。この補助金は、ITツールの導入にかかる費用の一部を国が支援する制度です。特にECサイト構築やシステム導入において、中小企業にとって大きな支援となります。私たちサンリクテックは、このIT導入補助金に対応するサービスを開始しました。陸前高田市、気仙沼市、一関市、南三陸町の事業者の皆様はぜひご相談ください。このサービスでは、最大350万円(2/3)の補助を利用して、お客様のデジタル推進・ECサイト構築をサポートします。サンリクテックの専門知識を活用し、デジタル化の一歩を踏み出しましょう。## 15次締切・16次締切の詳細と対応方法### 15次締切の概要弊社締切: 2023年12月18日(月)- 締切日: 2023年12月25日(月)17:00- 交付決定日: 2024年1月29日(月)16:00 予定- 補助事業実施期間: 交付決定~2024年7月31日(水)17:00- 事業実績報告期限: 2024年7月31日(水)17:00### 16次締切の概要弊社締切: 2024年1月8日(月)- 締切日: 2024年1月15日(月)17:00- 交付決定日: 2024年2月19日(月)16:00 予定- 補助事業実施期間: 交付決定~2024年8月30日(金)17:00- 事業実績報告期限: 2024年8月30日(金)17:0015次締切および16次締切での申請を希望されるお客様は、それぞれの締切日までにお打ち合わせを行い、適切なサポートを提供します。## IT導入補助金を利用したECサイト構築のメリットIT導入補助金を利用することで、以下のようなメリットがあります。1. **財政的支援**: 最大350万円(補助率2/3)の補助を受けられるため、初期投資の負担が大幅に軽減されます。2. **専門知識の活用**: サンリクテックの専門家が、ECサイト構築の全プロセスをサポートします。3....

サンリクテック、IT導入補助金に対応!三陸地域のIT・デジタル化を推進します

## サンリクテックのIT導入補助金対応サービスとは?日本全国の中小企業や小規模事業者がデジタル化を推進する上で重要な役割を担っているのが、IT導入補助金です。この補助金は、ITツールの導入にかかる費用の一部を国が支援する制度です。特にECサイト構築やシステム導入において、中小企業にとって大きな支援となります。私たちサンリクテックは、このIT導入補助金に対応するサービスを開始しました。陸前高田市、気仙沼市、一関市、南三陸町の事業者の皆様はぜひご相談ください。このサービスでは、最大350万円(2/3)の補助を利用して、お客様のデジタル推進・ECサイト構築をサポートします。サンリクテックの専門知識を活用し、デジタル化の一歩を踏み出しましょう。## 15次締切・16次締切の詳細と対応方法### 15次締切の概要弊社締切: 2023年12月18日(月)- 締切日: 2023年12月25日(月)17:00- 交付決定日: 2024年1月29日(月)16:00 予定- 補助事業実施期間: 交付決定~2024年7月31日(水)17:00- 事業実績報告期限: 2024年7月31日(水)17:00### 16次締切の概要弊社締切: 2024年1月8日(月)- 締切日: 2024年1月15日(月)17:00- 交付決定日: 2024年2月19日(月)16:00 予定- 補助事業実施期間: 交付決定~2024年8月30日(金)17:00- 事業実績報告期限: 2024年8月30日(金)17:0015次締切および16次締切での申請を希望されるお客様は、それぞれの締切日までにお打ち合わせを行い、適切なサポートを提供します。## IT導入補助金を利用したECサイト構築のメリットIT導入補助金を利用することで、以下のようなメリットがあります。1. **財政的支援**: 最大350万円(補助率2/3)の補助を受けられるため、初期投資の負担が大幅に軽減されます。2. **専門知識の活用**: サンリクテックの専門家が、ECサイト構築の全プロセスをサポートします。3....

サンリクテック起業7か月目を振り返りリアルに話します

サンリクテック起業7か月目を振り返りリアルに話します

番組の紹介と特別ゲスト登場どうも、サムラジオです。今日は特別ゲストをお呼びしております、世界の山ちゃんです。ありがとうございます。よろしくお願いします。どうもです。ということで今日はですね、私サムと山ちゃんとお届けしてまいりたいんですが、何のお話ししようかなっていうところでお話をしたんですけど、 三陸テクとしての事業内容と今後の展望 特にテーマは最初に決めてなかったんですが、今、我々が何をしているかというと、私が4月に三陸テクという会社を持ち上げたんですけれども、それの最高執行責任者を山としてやらせていただいておりまして、最高執行責任者です。最高財務責任者としていただいておりまして、なんですけど、基本的に人数が少ないので何でもやれるんですけれども、その中で、今我々はですね、主に三陸県のIT担当者がいないような会社さん向けに、そういったITの導入支援であったりとか、わかりやすいところで言うとウェブサイトの構築であったりとか、ホームページへの集客支援みたいなことをやらせていただいているんですが、そんな中で、やってみてください。やってみて。今ね、振り返って。カメラさんから私にインタビューしてもらう感じで。それはやりですね、今半年、いや8ヶ月くらいですかね。6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月くらい経ったわけなんですが、そうですね。山田どうですかね。 やっぱりこう、事前に想定しているものと実際やることってやっぱり違うよねっていうところをやってみたかったんですけど、何事もやってみないと実際どれくらいね、自分のことをなすのが大変なのかとか、そういうところっていうのはやってみないと分からないし、SNSとか、巷の情報発信には出てこない領域だなって思いますね。自分自身が動いているので。お客さんから配下をいただくっていうことは非常に責任感もあるし、大変なんですよね。 やってみたら思ったことがあるけど、大変ですね。 まず第一大変なんですが、でもそれを私として喜んでもらったときは嬉しいですね。少しは嬉しい。みたいなのを積み重ねなのかなって最近は思ってますね。まだ全然ぺーぺーですけどね。でも少しずつ私たちが動いていることが、そこの人たちからまた少しずつ広まりみたいなことが今少しずつ起きてるかなっていうのはあるので、これはコツコツやっていくしかないのかなって思ったりします。 Q.今後どうしていきたいとかありますか。 今半年、今年1年くらいは正直事業場面を、我々が事業としてやっていくことっていうのは明確に決めずにいいかなと思ってやっておるんですけど、基本的にお困りごとを聞いた上で我々ができそうなことを提案をしてそれを一緒にやっていくみたいなスタンスなんですけれども、基本1年くらいやって、今8ヶ月くらいやって、実際お客さんのニーズみたいなのが少しずつ明確化し始めているところなので、今後はお困りごとを聞いて我々が伴奏するみたいなところなんですけど、確実に共通のお困りごとを解決できるような自社の商品を作って、それを提供していくみたいなことをこれからはやっていきたいなと思います。 それを具体的に何か考えてるんですか。 一番は今、自分自身の経験値等が活かせて、かつお客さんの課題を解決できるというところでいくと、ネットを使って商品を販売するっていうところを販路開拓するみたいなところかなと思っていて、かつお客さんの課題を解決できるというところでいくと、ネットを使って商品を販売するっていうところを販路開拓するみたいなところかなと思っていて、その中で具体的にいろんな方法があるんですけど、アマゾンっていうところが私は大きいかなと思っていて、今後グローバルにいろんなメーカーさんも捉えていかないと、アマゾンっていうところが私は大きいかなと思っていて、今後グローバルにいろんなメーカーさんも捉えていかないと、日本の人口自体はどんどん減っていくんですけども、世界の人口が今増えているという状況なので、特に食品メーカー、我々とか私自身も今株式会社が取れて食品を製造していたりもするんですが、そういったところで日本だとなかなか、もうすでに証券があったりしてて、その中に食い込むって結構大変だったりするんですけど、逆に置く場所を世界に変えたときどうなるのかなみたいなところはちょっと今実験しているところであるんですが、そういったところを地方の良い商品を持っているけど、なかなか売上が立たなくて困っているみたいな事業者が多いなと感じているので、そういったところを地方の良い商品を持っているけど、なかなか売上が立たなくて困っているみたいな事業者が多いなと感じているので、そこをあるいはネットであったりとかITを活用して、遠くの人にお届けする、遠くの人に知っていただくみたいなところのサポートみたいなのが、私個人としてはしたいし、会社としてもそれを事業化できたらいいなと思っているという最近の事情ですかね。 あとはもう一つ思うのは、いろいろやってきたものが、いろんな武器を今たくさん持っていると思っているんですが、それぞれの武器のレベルを上げるのが難しくて、やっぱり少数制なんで、ある一定の武器に絞ってその武器のレベルを上げていくっていう方法が、2、3年目に関してはちょっといいんじゃないかなと思っていて、それなりにその領域を絞っていく必要があるのかなと最近は考えたりしていますね。 はい。アマゾン。そうですね、今年の間にアマゾンに行きました。あとは反動。開拓支援を育児国において、三陸地域でやってるんですけど、三陸地域の商品をわざわざご集団なんですけど、そういった世界にお届けできるようなプラットフォームが今ちょいちょい出てるんですね。中国のtemuとかね。 あれはまだ全然日本のメーカー入ってないけど、あとQ10とかもどんどん大きくなってるし。そういった出客できるサイトがすでにあるんで、もちろん自分でゼロからサイトを作るっていうのも教えができるんですが、やっぱりハードルが高いなと私も3年くらいやってきても売っているところなので、常にある場所に商品を置いてそれを送らせて知っていただいてっていうところの手伝いができたらなと思うんですけど。 それをまだまだ前提なんていうか抽象的なんですけど、もう少し絞りたいは絞りたいですよね。お客さんもどんどん特に業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、お客さんもどんどん業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、お客さんもどんどん業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、そうするとやっぱり我々も毎回レベル1からスタート状態なんですね。 「ドラクエ3」みたいな状態なんですよ。戦士のレベル20になったら次ちょっと一旦レベル1に戻って別の職業を鍛えてみたいな状態になってるんで。それもいいところもあるんですけどね。それらを組み合わせるとスーパースターになったりとか、バトルマスターになったりできるんですって言ってはいいんですけどね。でもそれでもある程度の領域を絞らないと少数制の舞台に関しては結構疲弊しちゃうなっていうのが最高のところなんですよね。疲弊するしそもそも他社に勝てるサービスを提供できるかっていうところが結構気持ち悪いなと思います。面白いですね。 山陸地域でやってるからサービスレベルの品質をそれなりのクオリティにしてもいいんじゃないかとあると思うんですけど、自分はそれがあまり好きじゃない。山陸地域だけど東京品質のクオリティを担保したいんです。しかもコストも低コストでっていうところが理想系なんで。 東京品質のクオリティってどんな部分ですか? 結果にコミットってことですかね、基本的には。結果にコミットできないと東京の会社は、私も弟を代理店にいたんですけど、すぐに打ち切りになり別な会社が選ばれるという状況なんですけど、結構地方の良いところでも悪いところでもあるんですが、それなりに信頼関係で物事は進むっていうのがあるんですけど、一方でズブズブの関係に陥ってしまうっていうのもあるかなと思ってるんですね、地方って。それが良い方向に働けばいいんですが、悪い方向に働いている例もあると思っていて。まあ、癒着みたいな。それってお互いどんどん心の前にはまっていく行為で、根本解決はしないんですよね、課題の。そこはなるべく私は避けたいなとは思ってるんですね、理想系なんですけど。まあ、そうですね。それぞれやっぱり民間企業なんで、みんな利益を上げたくて売り上げを上げたくてコストカットしたくて効率化したいんですよね。なので、それらをどう結果を出せるかが我々のいる価値、意味なのかなと思ってますね、最近は。プロ集団でやりたいっていうのもあります。結果出せなかったら逆にもう切ってくださいぐらいで全然いいかなと思ってますね。最近プロ野球選手の契約公開とかのニュースがあるじゃないですか。やっぱりそういう措置方法なんじゃないかと思いますね、こういう会社経営とかっていうのは。まあ、毎年毎年財務諸表で経営成績が出て、それで結局赤字を出してしまえば会社の存続。まあ、基本的にはできる可能性、できる方法もあるけど、基本的には何かが継続できないんで。売り上げを立てるためにはやっぱりお客さんに支持され続けなきゃいけないんだなと。それはプロ野球選手もそうなんだなと、結果が出し続けないと生きられるっていう世界観なんで。そういう世界線なのかなって思ってます、最近は。でもこれはそういう世界線に行きたい人がそこに行けばいいと思っていて、別に万人がそうあるべきじゃない。全員が起業すればいいとは思わない。正直な感想です。もともと組織を経験したらいいとしても。組織は組織のいいところがあるし。興味深いですね。すいません、私ばっかり話しちゃいましたが、山ちゃんはいかがですか、今。 お客さんの困りごとお客さん自身もどうしていいか分かってないし、どうしたらいいかもよく分かってないというのもあるのかなと思って。確かに困りごとなんですかと言われても、なかなかすぐに答えられる人少ないですよね。そうなんですよね。単純に売り上げ上げるとか利益出すとかっていうのは。わかりやすいよね。そもそもね、会社がなんで存続してるかとか、なんで存続させなきゃいけないんだっけみたいなところになると結構、私自身もやっぱ難しい問いだなって思いますよね。 経営承継の難しさ そんな中でね、やっぱ創業者とのまた、2代目3代目の意思意図っていうのは変わってくると思うから、そういうところを悩んでる人たちもそうですよね。会社どうしようみたいな。別に利益は出てるけどさ、みたいな。なんかそういうところのソリューションってなんかあるんですかね。僕らが提供できそうですからね。まあ、そうですね、その人自身がどうしていく方が行き着くのかっていう感じですね、 まとめると。 だからまあ、一種のあり方です。生き方ですよね、本当。会社っていうのは一種の生き方だということでございまして。はい、ということで今日はまとめいたしましては、サニックテック9ヶ月目の反省会ということでございます。これからもよろしくお願いします。はい、ありがとうございます。失礼します。 (AIにより要約しそのまま掲載しております)

サンリクテック起業7か月目を振り返りリアルに話します

番組の紹介と特別ゲスト登場どうも、サムラジオです。今日は特別ゲストをお呼びしております、世界の山ちゃんです。ありがとうございます。よろしくお願いします。どうもです。ということで今日はですね、私サムと山ちゃんとお届けしてまいりたいんですが、何のお話ししようかなっていうところでお話をしたんですけど、 三陸テクとしての事業内容と今後の展望 特にテーマは最初に決めてなかったんですが、今、我々が何をしているかというと、私が4月に三陸テクという会社を持ち上げたんですけれども、それの最高執行責任者を山としてやらせていただいておりまして、最高執行責任者です。最高財務責任者としていただいておりまして、なんですけど、基本的に人数が少ないので何でもやれるんですけれども、その中で、今我々はですね、主に三陸県のIT担当者がいないような会社さん向けに、そういったITの導入支援であったりとか、わかりやすいところで言うとウェブサイトの構築であったりとか、ホームページへの集客支援みたいなことをやらせていただいているんですが、そんな中で、やってみてください。やってみて。今ね、振り返って。カメラさんから私にインタビューしてもらう感じで。それはやりですね、今半年、いや8ヶ月くらいですかね。6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月くらい経ったわけなんですが、そうですね。山田どうですかね。 やっぱりこう、事前に想定しているものと実際やることってやっぱり違うよねっていうところをやってみたかったんですけど、何事もやってみないと実際どれくらいね、自分のことをなすのが大変なのかとか、そういうところっていうのはやってみないと分からないし、SNSとか、巷の情報発信には出てこない領域だなって思いますね。自分自身が動いているので。お客さんから配下をいただくっていうことは非常に責任感もあるし、大変なんですよね。 やってみたら思ったことがあるけど、大変ですね。 まず第一大変なんですが、でもそれを私として喜んでもらったときは嬉しいですね。少しは嬉しい。みたいなのを積み重ねなのかなって最近は思ってますね。まだ全然ぺーぺーですけどね。でも少しずつ私たちが動いていることが、そこの人たちからまた少しずつ広まりみたいなことが今少しずつ起きてるかなっていうのはあるので、これはコツコツやっていくしかないのかなって思ったりします。 Q.今後どうしていきたいとかありますか。 今半年、今年1年くらいは正直事業場面を、我々が事業としてやっていくことっていうのは明確に決めずにいいかなと思ってやっておるんですけど、基本的にお困りごとを聞いた上で我々ができそうなことを提案をしてそれを一緒にやっていくみたいなスタンスなんですけれども、基本1年くらいやって、今8ヶ月くらいやって、実際お客さんのニーズみたいなのが少しずつ明確化し始めているところなので、今後はお困りごとを聞いて我々が伴奏するみたいなところなんですけど、確実に共通のお困りごとを解決できるような自社の商品を作って、それを提供していくみたいなことをこれからはやっていきたいなと思います。 それを具体的に何か考えてるんですか。 一番は今、自分自身の経験値等が活かせて、かつお客さんの課題を解決できるというところでいくと、ネットを使って商品を販売するっていうところを販路開拓するみたいなところかなと思っていて、かつお客さんの課題を解決できるというところでいくと、ネットを使って商品を販売するっていうところを販路開拓するみたいなところかなと思っていて、その中で具体的にいろんな方法があるんですけど、アマゾンっていうところが私は大きいかなと思っていて、今後グローバルにいろんなメーカーさんも捉えていかないと、アマゾンっていうところが私は大きいかなと思っていて、今後グローバルにいろんなメーカーさんも捉えていかないと、日本の人口自体はどんどん減っていくんですけども、世界の人口が今増えているという状況なので、特に食品メーカー、我々とか私自身も今株式会社が取れて食品を製造していたりもするんですが、そういったところで日本だとなかなか、もうすでに証券があったりしてて、その中に食い込むって結構大変だったりするんですけど、逆に置く場所を世界に変えたときどうなるのかなみたいなところはちょっと今実験しているところであるんですが、そういったところを地方の良い商品を持っているけど、なかなか売上が立たなくて困っているみたいな事業者が多いなと感じているので、そういったところを地方の良い商品を持っているけど、なかなか売上が立たなくて困っているみたいな事業者が多いなと感じているので、そこをあるいはネットであったりとかITを活用して、遠くの人にお届けする、遠くの人に知っていただくみたいなところのサポートみたいなのが、私個人としてはしたいし、会社としてもそれを事業化できたらいいなと思っているという最近の事情ですかね。 あとはもう一つ思うのは、いろいろやってきたものが、いろんな武器を今たくさん持っていると思っているんですが、それぞれの武器のレベルを上げるのが難しくて、やっぱり少数制なんで、ある一定の武器に絞ってその武器のレベルを上げていくっていう方法が、2、3年目に関してはちょっといいんじゃないかなと思っていて、それなりにその領域を絞っていく必要があるのかなと最近は考えたりしていますね。 はい。アマゾン。そうですね、今年の間にアマゾンに行きました。あとは反動。開拓支援を育児国において、三陸地域でやってるんですけど、三陸地域の商品をわざわざご集団なんですけど、そういった世界にお届けできるようなプラットフォームが今ちょいちょい出てるんですね。中国のtemuとかね。 あれはまだ全然日本のメーカー入ってないけど、あとQ10とかもどんどん大きくなってるし。そういった出客できるサイトがすでにあるんで、もちろん自分でゼロからサイトを作るっていうのも教えができるんですが、やっぱりハードルが高いなと私も3年くらいやってきても売っているところなので、常にある場所に商品を置いてそれを送らせて知っていただいてっていうところの手伝いができたらなと思うんですけど。 それをまだまだ前提なんていうか抽象的なんですけど、もう少し絞りたいは絞りたいですよね。お客さんもどんどん特に業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、お客さんもどんどん業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、お客さんもどんどん業績を絞らずに行うことがあるところに関しても、そうするとやっぱり我々も毎回レベル1からスタート状態なんですね。 「ドラクエ3」みたいな状態なんですよ。戦士のレベル20になったら次ちょっと一旦レベル1に戻って別の職業を鍛えてみたいな状態になってるんで。それもいいところもあるんですけどね。それらを組み合わせるとスーパースターになったりとか、バトルマスターになったりできるんですって言ってはいいんですけどね。でもそれでもある程度の領域を絞らないと少数制の舞台に関しては結構疲弊しちゃうなっていうのが最高のところなんですよね。疲弊するしそもそも他社に勝てるサービスを提供できるかっていうところが結構気持ち悪いなと思います。面白いですね。 山陸地域でやってるからサービスレベルの品質をそれなりのクオリティにしてもいいんじゃないかとあると思うんですけど、自分はそれがあまり好きじゃない。山陸地域だけど東京品質のクオリティを担保したいんです。しかもコストも低コストでっていうところが理想系なんで。 東京品質のクオリティってどんな部分ですか? 結果にコミットってことですかね、基本的には。結果にコミットできないと東京の会社は、私も弟を代理店にいたんですけど、すぐに打ち切りになり別な会社が選ばれるという状況なんですけど、結構地方の良いところでも悪いところでもあるんですが、それなりに信頼関係で物事は進むっていうのがあるんですけど、一方でズブズブの関係に陥ってしまうっていうのもあるかなと思ってるんですね、地方って。それが良い方向に働けばいいんですが、悪い方向に働いている例もあると思っていて。まあ、癒着みたいな。それってお互いどんどん心の前にはまっていく行為で、根本解決はしないんですよね、課題の。そこはなるべく私は避けたいなとは思ってるんですね、理想系なんですけど。まあ、そうですね。それぞれやっぱり民間企業なんで、みんな利益を上げたくて売り上げを上げたくてコストカットしたくて効率化したいんですよね。なので、それらをどう結果を出せるかが我々のいる価値、意味なのかなと思ってますね、最近は。プロ集団でやりたいっていうのもあります。結果出せなかったら逆にもう切ってくださいぐらいで全然いいかなと思ってますね。最近プロ野球選手の契約公開とかのニュースがあるじゃないですか。やっぱりそういう措置方法なんじゃないかと思いますね、こういう会社経営とかっていうのは。まあ、毎年毎年財務諸表で経営成績が出て、それで結局赤字を出してしまえば会社の存続。まあ、基本的にはできる可能性、できる方法もあるけど、基本的には何かが継続できないんで。売り上げを立てるためにはやっぱりお客さんに支持され続けなきゃいけないんだなと。それはプロ野球選手もそうなんだなと、結果が出し続けないと生きられるっていう世界観なんで。そういう世界線なのかなって思ってます、最近は。でもこれはそういう世界線に行きたい人がそこに行けばいいと思っていて、別に万人がそうあるべきじゃない。全員が起業すればいいとは思わない。正直な感想です。もともと組織を経験したらいいとしても。組織は組織のいいところがあるし。興味深いですね。すいません、私ばっかり話しちゃいましたが、山ちゃんはいかがですか、今。 お客さんの困りごとお客さん自身もどうしていいか分かってないし、どうしたらいいかもよく分かってないというのもあるのかなと思って。確かに困りごとなんですかと言われても、なかなかすぐに答えられる人少ないですよね。そうなんですよね。単純に売り上げ上げるとか利益出すとかっていうのは。わかりやすいよね。そもそもね、会社がなんで存続してるかとか、なんで存続させなきゃいけないんだっけみたいなところになると結構、私自身もやっぱ難しい問いだなって思いますよね。 経営承継の難しさ そんな中でね、やっぱ創業者とのまた、2代目3代目の意思意図っていうのは変わってくると思うから、そういうところを悩んでる人たちもそうですよね。会社どうしようみたいな。別に利益は出てるけどさ、みたいな。なんかそういうところのソリューションってなんかあるんですかね。僕らが提供できそうですからね。まあ、そうですね、その人自身がどうしていく方が行き着くのかっていう感じですね、 まとめると。 だからまあ、一種のあり方です。生き方ですよね、本当。会社っていうのは一種の生き方だということでございまして。はい、ということで今日はまとめいたしましては、サニックテック9ヶ月目の反省会ということでございます。これからもよろしくお願いします。はい、ありがとうございます。失礼します。 (AIにより要約しそのまま掲載しております)

【企業向け】LINE公式アカウントの作成方法:ステップバイステップガイドとその効果的活用術

【企業向け】LINE公式アカウントの作成方法:ステップバイステップガイドとその効果的活用術

はじめに LINE公式アカウントは、企業や個人事業主にとって重要なマーケティングツールです。日本では、幅広い年代に人気のあるLINEは、顧客とのコミュニケーションを強化し、ブランドの認知度を高めるのに役立ちます。 この記事では、LINE公式アカウントの作成方法とその活用法について、私の体験に基づいて詳しく解説します。 LINE公式アカウントとは LINE公式アカウントとは、企業や団体がLINE上で情報発信や顧客とのコミュニケーションを行うためのアカウントです。一般のLINEユーザーが友達追加することで、企業からの最新情報やプロモーション、カスタマーサポートを受けることができます。 LINE公式アカウントの作成方法 ステップ1: LINEビジネスIDの作成 LINEビジネスIDのウェブサイトにアクセスし、「新規登録」を選択。 メールアドレスとパスワードを設定し、アカウントを作成。 ステップ2: LINE公式アカウントの登録 LINEビジネスIDにログイン後、「LINE公式アカウント」「LINE公式アカウントをはじめる」を選択。 必要な情報(企業名、業種、連絡先など)を入力。 アカウントの種類(無料または有料)を選択し、アカウントを作成。 ステップ3: アカウントの設定 プロフィール画像、アカウント名、紹介文を設定。 応答メッセージや自動返信の設定を行う。 LINE公式アカウントの効果的な活用方法 1. プロモーションの実施 期間限定のクーポン配布や新商品の告知など、ターゲットに合わせたプロモーションを行う。 2. カスタマーサポートの強化 顧客からの問い合わせに迅速に対応し、高品質なサポートを提供。具体例:ミウラタクヤ商店様 3. コンテンツマーケティング 教育的、エンターテイメント性のあるコンテンツを配信し、ユーザーのエンゲージメントを高める。 4....

【企業向け】LINE公式アカウントの作成方法:ステップバイステップガイドとその効果的活用術

はじめに LINE公式アカウントは、企業や個人事業主にとって重要なマーケティングツールです。日本では、幅広い年代に人気のあるLINEは、顧客とのコミュニケーションを強化し、ブランドの認知度を高めるのに役立ちます。 この記事では、LINE公式アカウントの作成方法とその活用法について、私の体験に基づいて詳しく解説します。 LINE公式アカウントとは LINE公式アカウントとは、企業や団体がLINE上で情報発信や顧客とのコミュニケーションを行うためのアカウントです。一般のLINEユーザーが友達追加することで、企業からの最新情報やプロモーション、カスタマーサポートを受けることができます。 LINE公式アカウントの作成方法 ステップ1: LINEビジネスIDの作成 LINEビジネスIDのウェブサイトにアクセスし、「新規登録」を選択。 メールアドレスとパスワードを設定し、アカウントを作成。 ステップ2: LINE公式アカウントの登録 LINEビジネスIDにログイン後、「LINE公式アカウント」「LINE公式アカウントをはじめる」を選択。 必要な情報(企業名、業種、連絡先など)を入力。 アカウントの種類(無料または有料)を選択し、アカウントを作成。 ステップ3: アカウントの設定 プロフィール画像、アカウント名、紹介文を設定。 応答メッセージや自動返信の設定を行う。 LINE公式アカウントの効果的な活用方法 1. プロモーションの実施 期間限定のクーポン配布や新商品の告知など、ターゲットに合わせたプロモーションを行う。 2. カスタマーサポートの強化 顧客からの問い合わせに迅速に対応し、高品質なサポートを提供。具体例:ミウラタクヤ商店様 3. コンテンツマーケティング 教育的、エンターテイメント性のあるコンテンツを配信し、ユーザーのエンゲージメントを高める。 4....

第1回仙台地域クラウド交流会(通称:ちいくら)のお手伝いをさせていただきました

第1回仙台地域クラウド交流会(通称:ちいくら)のお手伝いをさせていただきました

2023年8月26日(土)に地下鉄東西線国際センター駅の中にある「青葉の風テラス」で仙台初開催の地域クラウド交流会(通称:ちいくら)に参加してきました。 地域クラウド交流会、今回参加させていただくのも初めてだったのですが、 地域活性化・地方創生に向けサイボウズさん(https://cybozu.co.jp/)がサポートする取り組みだそうです。 地域クラウド交流会は、「つながる。広がる。うまれる。」というコンセプトのもと地域住民が起業家の応援を通して、地域活性化を目指す交流会形式のイベントです。起業家だけでなく、地域の人たちが参加することで、地域全体のビジネスの活性化につながることを目的として全国各地で開催されています。 https://chiiki-cloud.qloba.com/ 地域の起業家5名が3分間プレゼンをして参加者が応援したい人に投票する、 オフライン版のクラウドファンディング、といった感じの企画でした。 今回、ご縁あって票を集計する「投票所」の担当として私山屋がお手伝いさせていただきました。 もちろん集計するにあたってはサイボウズさんのkintone(https://kintone.cybozu.co.jp/)というクラウドシステムを活用しています。   面白いな~と思ったのが、投票所の仕組み。 6箇所の投票所にそれぞれ担当がいるんですが、僕たち投票所担当も1分間自己PRをして 参加者は「この人と名刺交換したい!」と思った投票所でプレゼンターへの票を入れます。 投票を通じて多くの方々と交流させて頂くことができました。   他にもプレゼンターだけでなく参加者どうし交流できる仕組みがたくさんあって、 地域密着のリアルイベントだからこそ出来る取り組みということで貴重な経験となりました。 参加者も100名を超え熱気が凄くかなり盛り上がりました。 【主催】仙台地域クラウド交流会実行委員会 実施主体:宮城第一信用金庫(https://www.miyashinbank.co.jp/) 【後援】仙台市 (https://www.city.sendai.jp/) 東北経済産業局 (https://www.tohoku.meti.go.jp/) 日本政策金融公庫仙台支店(https://www.jfc.go.jp/branch/pdf/015_231122sendai.pdf) 【協賛】サイボウズ株式会社(https://cybozu.co.jp/)     メインイベントで登壇された プレゼンターの方々についてご紹介させていただきます。...

第1回仙台地域クラウド交流会(通称:ちいくら)のお手伝いをさせていただきました

2023年8月26日(土)に地下鉄東西線国際センター駅の中にある「青葉の風テラス」で仙台初開催の地域クラウド交流会(通称:ちいくら)に参加してきました。 地域クラウド交流会、今回参加させていただくのも初めてだったのですが、 地域活性化・地方創生に向けサイボウズさん(https://cybozu.co.jp/)がサポートする取り組みだそうです。 地域クラウド交流会は、「つながる。広がる。うまれる。」というコンセプトのもと地域住民が起業家の応援を通して、地域活性化を目指す交流会形式のイベントです。起業家だけでなく、地域の人たちが参加することで、地域全体のビジネスの活性化につながることを目的として全国各地で開催されています。 https://chiiki-cloud.qloba.com/ 地域の起業家5名が3分間プレゼンをして参加者が応援したい人に投票する、 オフライン版のクラウドファンディング、といった感じの企画でした。 今回、ご縁あって票を集計する「投票所」の担当として私山屋がお手伝いさせていただきました。 もちろん集計するにあたってはサイボウズさんのkintone(https://kintone.cybozu.co.jp/)というクラウドシステムを活用しています。   面白いな~と思ったのが、投票所の仕組み。 6箇所の投票所にそれぞれ担当がいるんですが、僕たち投票所担当も1分間自己PRをして 参加者は「この人と名刺交換したい!」と思った投票所でプレゼンターへの票を入れます。 投票を通じて多くの方々と交流させて頂くことができました。   他にもプレゼンターだけでなく参加者どうし交流できる仕組みがたくさんあって、 地域密着のリアルイベントだからこそ出来る取り組みということで貴重な経験となりました。 参加者も100名を超え熱気が凄くかなり盛り上がりました。 【主催】仙台地域クラウド交流会実行委員会 実施主体:宮城第一信用金庫(https://www.miyashinbank.co.jp/) 【後援】仙台市 (https://www.city.sendai.jp/) 東北経済産業局 (https://www.tohoku.meti.go.jp/) 日本政策金融公庫仙台支店(https://www.jfc.go.jp/branch/pdf/015_231122sendai.pdf) 【協賛】サイボウズ株式会社(https://cybozu.co.jp/)     メインイベントで登壇された プレゼンターの方々についてご紹介させていただきます。...

Google Workspace(旧称 G Suite)の魅力を徹底解説!プロモーションコードでさらにお得に

Google Workspace(旧称 G Suite)の魅力を徹底解説!プロモーションコード...

佐藤です。今日は弊社で使用するGoogle Workspaceの紹介です。弊社は全員Mac PC/スマートフォンはiPhoneを使用しており、Macとの相性も良いことからGoogleを基盤業務管理システムとして活用しています。 目次 Google Workspaceとは? 主要機能の紹介 プランと価格 プロモーションコードでお得に 日本での具体的な活用事例 総評 1. Google Workspaceとは? Google Workspaceは、Googleが提供するクラウドベースのオフィススイートです。日本の企業、例えば大企業も採用しており、国内外でその効率性と多機能性が評価されています。 2. 主要機能の紹介 Gmail: 業界でもトップクラスのセキュリティを誇るメールサービス。@gmail.comでは業務用では少し信頼性に欠けることがあります。例えば、@sanrikutec.comのように、自社のドメインで設定することもできます。 Google Drive: 1人当たり最大2TBのストレージを提供。主に組織では、個人のPCての情報保管をせず、クラウドで管理することで、情報共有が円滑になるほか、IDとパスワード管理でどのデバイスからもアクセスできることから、働き方や場所にとらわれずに仕事をすることができます。 Google Meet: 最大250人まで参加可能なビデオ会議が行えます。私個人としてはzoomのリンク設置よりもスマートで、使いやすさもシンプルなのでmeetで会議することが多いです。イケイケの会社ほどmeetを使っている印象があります。 3. プランと価格 Google Workspaceは、主に3つのプランがあります。10名以下の小規模事業者であればスタータープランで特に問題なく使用できると考えます。...

Google Workspace(旧称 G Suite)の魅力を徹底解説!プロモーションコード...

佐藤です。今日は弊社で使用するGoogle Workspaceの紹介です。弊社は全員Mac PC/スマートフォンはiPhoneを使用しており、Macとの相性も良いことからGoogleを基盤業務管理システムとして活用しています。 目次 Google Workspaceとは? 主要機能の紹介 プランと価格 プロモーションコードでお得に 日本での具体的な活用事例 総評 1. Google Workspaceとは? Google Workspaceは、Googleが提供するクラウドベースのオフィススイートです。日本の企業、例えば大企業も採用しており、国内外でその効率性と多機能性が評価されています。 2. 主要機能の紹介 Gmail: 業界でもトップクラスのセキュリティを誇るメールサービス。@gmail.comでは業務用では少し信頼性に欠けることがあります。例えば、@sanrikutec.comのように、自社のドメインで設定することもできます。 Google Drive: 1人当たり最大2TBのストレージを提供。主に組織では、個人のPCての情報保管をせず、クラウドで管理することで、情報共有が円滑になるほか、IDとパスワード管理でどのデバイスからもアクセスできることから、働き方や場所にとらわれずに仕事をすることができます。 Google Meet: 最大250人まで参加可能なビデオ会議が行えます。私個人としてはzoomのリンク設置よりもスマートで、使いやすさもシンプルなのでmeetで会議することが多いです。イケイケの会社ほどmeetを使っている印象があります。 3. プランと価格 Google Workspaceは、主に3つのプランがあります。10名以下の小規模事業者であればスタータープランで特に問題なく使用できると考えます。...

Shopifyで商品予約投稿を成功させるための絶対ルール: 下書きから公開までの完全ガイド

Shopifyで商品予約投稿を成功させるための絶対ルール: 下書きから公開までの完全ガイド

どうも、佐藤です。今日のテーマは、ECカートシステム「Shopify777を使って商品を予約投稿する際によく起こる問題についてです。 Shopifyで商品予約投稿をスムーズに行うための注意点: 下書きステータスから公開ステータスへの切り替え 予約投稿の設定でよく犯されるミスとして、「ステータス」を「公開中」ではなく「下書き」に設定してしまうケースがあります。この設定だと、指定した予約時間になっても商品は公開されず、結果として販売が始まらないのです。 なぜこの問題が起こるのか? 多くの場合、このミスは操作ミスや不注意から生じます。特に、Shopifyの操作が初めてで慣れていない方や、多忙で手続きを急いでいると、このようなミスが起きやすいです。ちなみに私は自身で1度、クライアント様で1度経験しております。 どうすればいいのか? 予約投稿設定画面で「ステータス」を必ずチェック: 商品を投稿する前に、ステータスが「公開中」になっているか確認しましょう。 テスト投稿で確認: まずはテスト投稿で流れを確認して、予約時間にしっかりと商品が公開されるか確かめましょう。 リマインダーを設定する: 投稿前にリマインダーを使って自分自身に注意を促すことも有用です。Googleカレンダーなどに販売時間を記載し、自らもチェックするようにしましょう。 まとめ Shopifyでの商品予約投稿は、未来の時間に商品を公開できるため、限定販売などの際に使える非常に便利な機能ですが、少しの不注意で思わぬトラブルにつながる可能性もあります。必ず「ステータス」を「公開中」に設定することをお忘れなく。 このような注意点を押さえることで、失敗を未然に防ぎ、より効率的な運営が可能です。それでは、失敗のないShopifyネットショップ運営をお祈りします。

Shopifyで商品予約投稿を成功させるための絶対ルール: 下書きから公開までの完全ガイド

どうも、佐藤です。今日のテーマは、ECカートシステム「Shopify777を使って商品を予約投稿する際によく起こる問題についてです。 Shopifyで商品予約投稿をスムーズに行うための注意点: 下書きステータスから公開ステータスへの切り替え 予約投稿の設定でよく犯されるミスとして、「ステータス」を「公開中」ではなく「下書き」に設定してしまうケースがあります。この設定だと、指定した予約時間になっても商品は公開されず、結果として販売が始まらないのです。 なぜこの問題が起こるのか? 多くの場合、このミスは操作ミスや不注意から生じます。特に、Shopifyの操作が初めてで慣れていない方や、多忙で手続きを急いでいると、このようなミスが起きやすいです。ちなみに私は自身で1度、クライアント様で1度経験しております。 どうすればいいのか? 予約投稿設定画面で「ステータス」を必ずチェック: 商品を投稿する前に、ステータスが「公開中」になっているか確認しましょう。 テスト投稿で確認: まずはテスト投稿で流れを確認して、予約時間にしっかりと商品が公開されるか確かめましょう。 リマインダーを設定する: 投稿前にリマインダーを使って自分自身に注意を促すことも有用です。Googleカレンダーなどに販売時間を記載し、自らもチェックするようにしましょう。 まとめ Shopifyでの商品予約投稿は、未来の時間に商品を公開できるため、限定販売などの際に使える非常に便利な機能ですが、少しの不注意で思わぬトラブルにつながる可能性もあります。必ず「ステータス」を「公開中」に設定することをお忘れなく。 このような注意点を押さえることで、失敗を未然に防ぎ、より効率的な運営が可能です。それでは、失敗のないShopifyネットショップ運営をお祈りします。